仲間の輪を強固にする

宿泊研修は社員研修の一環であります。ひと昔では、会社の会議室、近隣のホテルの会議室で行われていましたが、少し会社も工夫して、研修を考えています。工夫の一つとして、宿泊研修を考えて、宿泊する、共にまくらを一緒にする、仲間と言う輪を養うためにとの思惑もあり、考え出したものであります。宿泊研修は3泊4日、長ければ1週間開催されることもあります。再々開催もできませんで、内容は密に、詰めて行われています。研修では、これから会社で1日でも早く、戦力になれるように、また社会人としての最低限の知識を身につける為に、そして忍耐力も養うために行われています。これらの目的を持って宿泊研修が行われていることを充分分かり、良い研修としてください。

宿泊研修では、1日をかけて、起床、就寝が研修であります。学生時代のような時間割りで組まれた様々な項目を研修していきます。内容は、会社によって様々ではありますが、挨拶、お茶などの仕方をはじめ、名刺交換などは必ず行われていると思われます。この基本項目は社会では当たり前のことであります。研修で得たことの実戦、応用は、自身がこれから考えてアレンジ行くこととなります。研修項目には近年は必ずオリエンテーションが盛り込まれているケースが多くあります。多数で共に考えて、一つのものを作る大事さを体験して感じてもらうために研修では何度も時間を組まれていることもあります。成果を出してこそ、社会の一員、出来て当たり前、この意味の大事さも研修には盛り込まれていませんが、これから感じて行くことであります。