増えている研修

宿泊研修とは様々な形がありますが、まずは新入社員を集めて、宿泊研修み行う企業が昔からありますが、近年は必ず開催する企業が増えてきています。この宿泊研修では、社員研修も含めて開催されるものでありまして、単なるものではありません。各分野の専門講師を招き、学生時代の授業並みにみっちり研修をされるところもあります。こうした研修を受けたからには、研修後の仕事の仕方は出来て当たり前、できなければ自身でできるまで行う事が当たり前となります。賃金を頂いて会社にいるのですから、当たり前のことなのですが、1日も早く企業の社員として認めてもらうよう、宿泊研修では最低限必要な事は身につけて、有意義な研修としてしまいましょう。

宿泊研修においては、企業のあり方、動向などの事項は特に大事ではありますが、そんなに真剣に研修を受ける事はありません。後々、いやでもわかるようになるのですから。礼儀作法や、名刺交換の仕方などの作法は必ず研修で身につけてほしい事項であります。お茶の出し方、頂き方、名刺の渡し方、受け取り方、これらは自身の問題だけでなく、会社に取って会社の顔となりますので、間違った方法でのやり方は行わないように宿泊研修でしっかり身につけてしまいましょう。宿泊研修といえば、旅行気分で参加するなどの考え方は持たないでください。研修は仕事なのですから。社会のきびしさを宿泊研修で少しでも感じていただければ、会社にとっては御の字かも知れません。